掌蹠膿疱症 掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症について

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は膿が溜まった膿疱と呼ばれる発疹が、手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多く出来る疾患です。
膿疱は、炎症反応に関係する「好中球(こうちゅうきゅう:白血球の一種)」が皮膚の一番上層にある角層に溜まった状態です。
慢性的に経過し、周期的に症状がぶり返します。発疹は、最初は小さな水疱で、徐々に化膿していき、次第に黄色に変化します。その後かさぶたになり、角層が剥げ落ちます。しかしこれで治るわけではなく、すぐに再発し、慢性化をたどると、皮膚が赤黒くなり、角質も増殖して激しい痒みや、時には痛みをともなうこともあります。
また、慢性的に経過する中で、突然、鎖骨や胸の中央の胸鎖肋関節などの関節が痛くなることがあり、掌蹠膿疱症性骨関節炎と呼ばれます。この痛みは非常に強く、日常生活が困難になるほどのこともあります。
さらに放置すると、関節の変形などにもつながります。そのため、適切な治療が必要になってきます。
掌蹠膿疱症は、発疹の中の液体からはウイルスや細菌は見つからず、自己免疫(自分自身の組織に対して免疫が攻撃的に作用すること)が関係する疾患ではないかと推測されています(そのため他人にうつることはありません)。

掌蹠膿疱症の治療法

この病気は細菌やウイルスが原因ではないため、抗生物質のような薬は効果がありません。そのため、炎症を抑える対症療法が主になります。
治療は、重症度によって変わってきますが、まず炎症を抑えるためにステロイド軟膏、ビタミンD3軟膏を使います。ただ、外用薬だけですと、なかなかコントロール出来ないケースが多いようです。その場合、さらに強力な治療として飲み薬が必要になってきます。掌蹠膿疱症性骨関節炎が起きた場合は、免疫抑制剤なども使用します。
掌蹠膿疱症の原因はまだ不明なため、治療はいずれも対症療法になります。
なお、掌蹠膿疱症は、禁煙あるいは減煙も大切と思われます。

症例 (掌蹠膿疱症)

60代女性 60代女性 初診 60代女性 7日後 60代女性 15日後
  初診 7日後 15日後
30代男性 30代男性 初診 30代男性 2日後 30代男性 7日後
  初診 2日後 7日後
30代女性 30代女性 初診 30代女性 13日後
  初診 13日後  
30代女性 30代女性 初診 30代女性 13日後
  初診 13日後  
40代男性 40代男性 初診 40代男性 3日後 40代男性 10日後
  初診 3日後 10日後

医院概要

住所
〒152-0023 東京都目黒区八雲1-4-3 駒原ビル4F
電話番号
03-5731-4112

ネット順番確認

最寄り駅
東京急行電鉄東横線「都立大学」駅徒歩2分
診療科目
一般皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科
休診日
水曜・日曜・祝日 ※土曜は13:00まで
診療時間
 09:00 ~ 12:00
14:00 ~19:00

土曜の診療時間は、13:00までとなります。
平日は夜19時まで受付をしております。

当院への詳しいアクセス方法はこちら

ネット順番確認

診療内容

308エキシマーシステムによる中波紫外線療法

  • Topへ